同期のサクラ

同期のサクラ7話の感想とネタバレ!視聴率も紹介!サクラの地元の橋着工か!?

同期のサクラ7話を実際に視聴した感想はどうだった?
ドラマ7話のネタバレが知りたい!
視聴率は前回に比べて上がったのかな?

 

この記事では、同期のサクラ7話のネタバレや実際に視聴した感想、そして視聴率を中心にご紹介します。

 

ネタバレ関連記事
⇦前話 次話⇨
ライト
ライト
同期のサクラを1話から最新話までお得に視聴したい方はこちらでご紹介中。

日テレ水曜ドラマ「同期のサクラ」第7話。どうしてサクラばっかりこんな目に…

出典:https://www.youtube.com/

同期のサクラ7話の予告ムービーが配信されておりました。

7話ではサクラの同期達がサクラの故郷へ遊びに行き、あの伝説のコロッケをご馳走になるようです。

スポンサーリンク


更に、蓮太郎に衝撃の恋人疑惑が!!

まさかのつくし!?

 

そして長年夢見ていたサクラの故郷に橋が架かるという話。

遂に再開とのことでしたが・・・。

またしても問題が!!


6話で見た夢が正夢になるのか・・・。

 

いったいどんな展開が待っているのでしょうか?

是非お楽しみに。

7話のあらすじ

同期のサクラ 7話 あらすじ

同期のサクラ7話のあらすじについて。

花村建設の子会社、花村ホームから人事部に戻ってこれると思いきや・・・。

7年目もまた子会社でのスタートを迎えるサクラ。

 

前話にて人事部部長の黒川からサクラの故郷の橋の着工が再開されることになったとの情報を受け、喜びのあまりすぐに祖父へFAXを送る。

 

直接は橋の建設に関われないサクラだが、完成した橋を祖父と共に渡れる日を夢見ていたサクラ。

スポンサーリンク


そんなある日の事。

またもや黒川に呼び出されるサクラ。

それは橋に関する重要な任務だった。

 

橋の着工が決まったはいいが、橋の安全性について不安を持っている島民たち。

そんな島民を現地説明会で説得してほしいとのことだった。

 

そこでサクラの同期を連れ、島を訪れることになるのだが・・・。

サクラの人生を大きく左右する究極の選択が待ち受けていた。

 

一体どうなるのか?

同期のサクラ7話ネタバレ

同期のサクラ7話ネタバレについて。

こちらの詳細につきましては、まだドラマ放送前のためお伝えすることができません。

ドラマ7話の放送予定は、2019年11月20日(水)22時からです。

そのため、こちらの内容詳細についてはドラマ放送後に更新していきたいと思います。

2019年11月20日(水)に更新しました。

サクラの病室には黒木が・・・

2019年11月。

この日サクラの病室に登場したのは部長の黒木だった。

 

こんな風になったのも俺のせいかもしれない。

4年前にサクラをあの島に行かせたせいでこんなことになったのだから。

そう意味深な言葉をサクラに投げかけていた。

 

いったい何があったのか?

2015年11月のある日

2015年11月。

サクラはいつものように起床。

 

憧れの花村建設に就職して7年目。

サクラは子会社にいるから直接島にかかる橋の着工には関われないが、橋が架かることが決まって嬉しい。

そう思っていた矢先。

スポンサーリンク


いきなりじいちゃんからファックスが・・・。

それは、『橋は架からない』という一言。

そして、『おまえの夢は叶わない』とも。

 

しかしそれはただの夢であった。

 

そしてサクラはじいちゃんに手紙を書こうとするが、変な夢を毎日見ることは伝えず、毎日元気に仕事している旨を伝える。

黒川人事部長が常務に昇進

仕事中。

サクラはいつものように道行くマナーの悪い人を注意していました。

すると本社の部長、黒木から電話が。

 

人事じゃなくて土木の方に来て欲しいとのこと。

サクラの島にかかる橋に問題が起きた様子だった。

 

急いで土木部へ向かうサクラ。

そして土木部の葵も一緒に。

 

現地に向かうとそこにはあの営業部トップだった桑原がいた。

土木担当役員になっていたのだ。

 

桑原に色々と指摘されるサクラだが、一切怖気づくことなく、黒木に話しかける。

 

すると黒木はもう人事部部長ではなくなったとの事。

いったいどういうことー?

 

実は先日の辞令で常務になったそうです。

 

なんと!!

かなり出世してる!!

 

でもサクラは島の事が気掛かりで「おめでとう」の一言も言えないのかと桑原から指摘されてしまう有様。

いつものサクラだ。

美咲橋着工に起こった問題

ここからが本題。

なぜ橋の着工に問題が起きたのか?

 

工事を始めたら思ったよりも地盤が弱く、当時橋脚の基礎を18メートルとしていたが、20メートルに変更になったとのこと。

 

そこに桑原が口を出す。

完璧にすれば20メートルが理想だが、別に18メートルでも国の基準をクリアしているから良いと。

 

そこにサクラがいつもの「すぅーっ!」

 

しかし桑原は疑うなら調べていいと言って、『美咲島建設工事に関わる地盤再調査報告書』をサクラに渡す。

スポンサーリンク


するとサクラに一つの疑問が・・・。

それは、なぜ自分が呼ばれたのか?

という事。

 

実は、基礎工事の噂がネットで広まっていて、島民が不安がっているとのこと。

こちらがいくら大丈夫だといっても納得してもらえない様子。

だからサクラが直接島に向かい、島民を説得してほしいという依頼だった。

蓮太郎とスミレが恋愛!?

いつもの喫茶店『リクエスト』。

ここに同期が全員集合していた。

 

そして話題は勿論、美咲島のことについて。

 

サクラは書類を見ても問題はなかったと伝えるが、本当に自分が話して納得してもらえるかどうかわからないと自信なさげなサクラ。

 

すると葵が、困った時は自分がフォローすると言ってくれた。

葵も土木部なため、一緒に行くようだ。

 

ついでにサクラのじいちゃんにも挨拶したいし、と葵。

その言葉に焦ったのか、「俺も行く!」と菊夫。

 

そんな話で盛り上がっている中、蓮太郎が無言で何かを考えていた。

そんな蓮太郎がにどうしたのか聞くサクラ。

 

蓮太郎は遂に一級建築士に合格したのです。

 

そしてもう一つ!

彼女ができたとのこと。

なんと相手は、『すみれ』だった!!!

 

実は前回、サクラの家でつくしと蓮太郎がゲームをしてから時々スミレの家に遊びに来るようになって恋愛に発展したのだとか。

 

お二人お似合いだから嬉しいとサクラ。

こうしてお祝いパーティーをすることになります。

美咲島に到着

家に帰り、じいちゃんにファックスを送るサクラ。

するとじいちゃんからこんなメッセージが。

「楽しみに待ってる」。

 

こうして美咲島に到着したサクラと同期メメンバー4人。

 

サクラはみんなと島に来れたことが嬉しい様子。

そしてみんなで恒例の写真撮影。

 

すると、島の叔母ちゃんたちがやってきて、橋についての不安を告げる。

しかしサクラは明日の説明会でちゃんと話すと言って皆を安心させる。

スポンサーリンク


みんながその場を去った後。

サクラと近所の叔母ちゃんだけに。

叔母ちゃんはサクラに、じいちゃんの具合が悪いことを告白。

更に病院に行くこともためらっていると話す。

 

驚いたサクラは急いでじいちゃんのいる自宅へと向かうのだった。

メンバー一同、北野家に集合

自宅に戻ったサクラ。

するとじいちゃんは台所であの伝説のコロッケを作っていた。

 

そして具合の事を心配するサクラだが、肝心な話には聞こえないふりをするじいちゃんだった。

父と母の遺影が飾ってある仏壇に挨拶しじいちゃんとの話を楽しむのです。

 

その夜。

サクラの家に、同期メンバー全員が集合。

そして噂のコロッケを食べる同期達。

 

めちゃくちゃ旨いと全員一致で言う。

 

そしてじいちゃんがみんなの話を聞きたいと言うので、全員でサクラの悪口を暴露することに。

それぞれのサクラとのエピソードで盛り上がり・・・。

 

家の外に出て、島ならではの綺麗な夜空の星を眺めていた。

 

するとその時だった!

じいちゃんがサクラにお風呂を入れるように頼む。

サクラがいない間、じいちゃんは4人の同期達に話をする。

 

じいちゃんはいきなり頭をさげ・・・。

「皆さん、サクラの事よろしくお願いします」。

「これからも見捨てねぇで仲良くしてやってください!」。

そう伝える。

 

じいちゃんは、自分の命が長くないことを悟っていた。

そして自分がいなくなるとサクラが孤独になってしまうという事を心配していたのです。

じいちゃんのサクラへの想い

話はサクラの両親のことに。

サクラの両親は、サクラが8歳の頃に亡くなった。

 

重病の母親を本土の病院に連れて行くために、父が嵐の中を船で渡ろうとした。

そして波にのまれてしまった。

 

でもじいちゃんは、自分が止めていれば父も母も今生きていたかもしれない。

そんな中じいちゃんは、サクラにコロッケを作ってやることしかできなかった。

 

そしたらサクラは、「これからはサクラが守ってあげる」とじいちゃんを気遣ってくれた。

その時、この子だけは何があっても守ると決めたそう。

 

あんなに不器用なサクラが、この世の中で生きていけるか考えただけで悲しい。

あのまま一人ぼっちにサクラがなったら、あの世に行っても行けない気持ちになる。

そう思っていたそうです。

 

でも、今日同期で楽しそうに話している様子を見てじいちゃんは安心。

 

これからもずっと仲間でいてやってください。

そして今の話はサクラには内緒にしてください。

 

そうじいちゃんは自分の想いを打ち明けたのでした。

サクラへの言葉

就寝前。

じいちゃんが「いい仲間持ったな」とサクラに伝える。

サクラはじいちゃんのおかげだと感謝。

 

でも「わしは何もしてやれんかった、ごめんね、許してくれや!」とじいちゃん。

スポンサーリンク


最後に。

サクラは自分の誇りだ。

そう言って次の日を迎えるのです。

美咲橋の問題を葵が発見、そして桑原の偽装工作!

次の日の朝。

玄関口に葵の姿が!

大事な話があると言って近くの砂浜に呼び出す。

 

実は橋の基礎に注入するコンクリートのセメントの量が仕様書と違うとのこと。

本来入れるべき量よりも少ないから、強度が弱くなっている。

 

そして恐らく桑原が予算を抑えるためにしたのではないか?

桑原はライバルの黒川に先を越されて焦ってるのでは?

だから少しでも利益を上げて会社にアピールしたいんじゃない?

そんな言葉を葵はサクラに告げます。

桑原ヤバし!

葵から話を聞いたサクラは桑原の元へ。

そして葵に教えてもらった箇所の資料を桑原に見せ、どういう事かと指摘。

 

すると桑原は。

これも国の安全基準を満たしているから安心しろとサクラに言う。

 

しかしサクラも、100%安全とは言えないと発言。

そして安全のために1から考え直してほしい。

サクラは桑原に想いを伝える。

 

それでも桑原は。

そんなことしたら国からの援助はないし、費用は会社が被ることに。

そうなると花村建設には莫大な損害が!

結果、美咲島に橋がかからなくなると指摘。

 

更に、説明会をうまくやったら桑原がサクラを土木に呼んでやる。

そう伝える。

意見が割れる同期達

そして説明会前となり。

みんなに意見を聞くサクラ。

 

葵と蓮太郎は正直に言わなければならないと。

しかし菊夫は、サクラの夢を諦めてしまうのか?と疑問の意見。

百合も、国の安全基準を満たしているから大丈夫でしょ。

スポンサーリンク


意見がバラバラになり言い争う4人。

辛いけどサクラが決めるべきという結論になる。

 

そして百合がじいちゃんに聞く事を提案。

こうしてサクラはじいちゃんに助言をもらいに行きます。

助言をもらいにじいちゃんのところへ

同期のサクラ 7話 ネタバレ じいちゃん出典:https://www.ntv.co.jp/

自宅に着いたサクラ。

今から住民説明会がある事を伝える。

 

そして、「私は大人になれるんだろうか?」とじいちゃんに聞くサクラ。

その言葉に「大人になれねぇ、なる必要もねぇ」とじいちゃん。

 

最後にサクラは「じいちゃん長生きすんだれぇ!ちゃんと薬飲むんだれぇ!」と言い、覚悟を決めた様子でその場を後にします。

同期の励まし

説明会会場に戻ったサクラ。

そこには百合が待っていた。

 

そして二人は抱き合い・・・。

何でサクラばっかりこんな目に。

自分を貫いた人の宿命なのか?

だとしたら、神様って酷いよね。

 

そうサクラに伝える百合だった。

 

葵も。

仲間としてサクラのことが好きだ。

そしてサクラの生き方を尊敬している。

だからサクラの思った通りにやるのが一番正しいから、全力で応援する。

そう話していた。

 

菊夫も。

サクラが説明会で言ったことに桑原が怒ったら、菊夫がガツンと言ってやる。

サクラが苦しんでいるのにそれくらいしかできない。

 

みんなサクラのために何か力になりたいと思っていたのです。

美咲島橋建設工事住民説明会が開始

そして美咲島橋建設工事住民説明会が始まる。

まずは桑原から。

 

その時サクラの元に蓮太郎が現れる。

自分ではなんて言っていいのかわからないから、スミレに助言を頼んだとのこと。

 

そして電話を替わるサクラ。

するとスミレがサクラに黙って聞いてと言って話し出します。

 

これからサクラが出した答えはどっちにしてもサクラ自身を酷く苦しめることになる。

そうなったら、私たちを頼りなさい。

みんなに助けを求めなさい。

それだけは約束してほしい!

 

そう言って電話を切る。

サクラが出した結論

綺麗ごとを並べ、気持ちのこもっていないような説明をする桑原。

すると島民たちは信用できないと激怒するのです。

 

そして島民たちは、サクラがいいと言うなら信用できると言い、サクラに判断をゆだねることに。

 

サクラは・・・。

壇上に立ちいきなり「すぅーっ!」。

 

そして・・・。

7年前にこの島を出て花村建設に入社し、同期出会い起こったエピソードを話し始める。

 

私には夢があります!故郷の島に橋を架けることです。

私には夢があります!一生信じあえる仲間を作ることです。

私には夢があります!その仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ることです。

 

2番目の叶え素晴らしい仲間ができた。

3番目の夢はまだだけどいつかできると信じている。

 

でも・・・。

一番最初の夢は、叶いません。

 

故郷の島に橋は架からない。

いや、架けてはいけない。

だって、基礎の深さは十分に足りていないし、コンクリートの成分だって絶対に安全だとは言えない。

住民が命を落とすような橋は絶対に作れない。

 

そして謝罪の気持ちを泣きながら島民たちに正直に伝えます。

 

説明会後。

桑原が「まさか自分で自分の夢を壊すとはな!」

「こんなことしてもう花村建設にいられないぞ!」とサクラにプレッシャーをかける。

 

すると同期達がフォーローに入り・・・。

サクラは正しい事をした!

そう発言するのでした。

じいちゃんが亡くなる

家に帰ったサクラでしたが・・・。

 

家でじいちゃんが倒れていた!

泣き叫ぶサクラ。

 

そして・・・。

遂にじいちゃんが亡くなってしまったのです。

 

お葬式も終わり、家の引き出しを開けるとそこには・・・。

サクラが仕送りしたはずのお金が入った封筒が沢山。

じいちゃんはサクラの仕送りに一切手を付けなかったのです。

スポンサーリンク


東京の家に戻ってきたサクラ。

悲しみに暮れていると、ファックスにはじいちゃんの言葉が届いていた。

亡くなる前に、サクラのために送ったのです。

 

そこには。

『桜は決して枯れない』。

『必ず咲いて沢山の人を幸せにする』。

そう書かれていた。

 

サクラは涙を流しながら返事の手紙を書く。

そしてファックスを流します。

 

でももう返事は来ない・・・。

 

自暴自棄に陥ったサクラ。

家にあった橋の模型や、壁に貼られたじいちゃんの言葉。

全部グチャグチャにしてしまったのです。

黒木が置いて行ったのは、解雇通知書

そして現代に戻り。

黒木はこうサクラに話す。

 

結局自分はサクラに辛い事ばかり言ってきた。

サクラが会社を休んで1年以上になる。

残念だがやめてもらうしかない。

そう言って『解雇通知書』を置いていく黒木でした。

サクラとは連絡が取れなくなり・・・

2015年。

サクラが自暴自棄になってからというもの。

百合が連絡しようとしても一切電話は繋がらなかった。

その時葵から電話が。

 

葵も蓮太郎も菊夫もサクラとは連絡が取れない様子。

 

心配になった百合はサクラの家へ向かう。

するとお隣さんから「全然外に出てないし、この間暴れるような音がしてからずっと静かだけど、何かあったんですか?」と聞かれる。

 

ノックしても出ないサクラ。

 

鍵が開いていたので、百合が部屋の中に入ると。

一人ぽつんと座るサクラが。

 

大丈夫かと聞く百合。

サクラは大丈夫だと言い仕事へ向かうのです。

 

この後サクラの運命はどうなるのか・・・。

切なすぎる。

 

ネタバレ関連記事
⇦前話 次話⇨
ライト
ライト
同期のサクラを1話から最新話までお得に視聴したい方はこちらでご紹介中。

同期のサクラ7話を視聴した感想

同期のサクラ 7話 視聴 感想

同期のサクラ7話を実際に視聴した感想について。

2019年11月20日(水)に更新しました。

早速7話を視聴しました。

切なすぎる!

めちゃくちゃ涙が止まらなかったです。

 

じいちゃんが同期4人にサクラのことを頼むと言っていたシーン。

じいちゃんが亡くなったシーン。

正直に島民たちに話をするサクラのシーン。

自暴自棄にサクラがなったシーン。

 

色々ありすぎて涙腺崩壊状態でございますよ。

そんな中同期メンバー達の支えがありがたいことを実感しました。

 

そんな中、あの桑原って野郎。

自分の出世のためなら何でもする精神は、人として最悪。

状況が状況なだけに非常に腹立たしかったですね~。

スポンサーリンク


毎回楽しみにしていた、そして元気づけられていたじいちゃんの助言。

これからもうファックスも来なくなると思うと凄く寂しい気持ちになる。

 

そしてサクラはいったいどうなってしまうのかも気になるところ。

このじいちゃんが亡くなったことが原因で精神状態が不安定になり今の状況になったのはほぼ確実ですね。

 

そのことで自分から命を断とうとしたのか、もしくは事故なのか?

どうしてサクラは意識不明になったのかが遂にわかる時が・・・。

 

絶対悲しい回になるのわかってるけど次回が気になる。

7話後のネットの反応や感想(Twitter)

同期のサクラ 7話 Twitter ネットの反応

同期のサクラ7話後のネットの反応やTwitterでの感想について。

2019年11月20日(水)に更新しました。

遂に放送されてた同期のサクラ7話。

今回はサクラの夢である故郷の島の橋着工についての話でした。

いよいよ橋の話が本格的になってきた!

 

今回も見応えあった内容だったのですが、他の皆さんはどう思ったのでしょうか?

そこでこちらで、同期のサクラ7話後のネットの反応や、Twitterでの感想について一部ピックアップしてご紹介いたします。

同期のサクラ7話の視聴率は!?

同期のサクラ 7話 ドラマ 視聴率

同期のサクラ7話の視聴率について。

2019年11月20日(水)に更新しました。

番組最高記録を更新し、12.2%となりました。

すげぇ!!

 

同期のサクラの回でもかなり悲しいドラマ展開、しかも衝撃的!

どんどん右肩上がりの同期のサクラ、凄いですね!

 

ネタバレ関連記事
⇦前話 次話⇨
ライト
ライト
同期のサクラを1話から最新話までお得に視聴したい方はこちらでご紹介中。

同期のサクラ7話の感想ネタバレまとめ

同期のサクラ7話のストーリーネタバレや、実際にドラマを視聴した感想について主にご紹介させていただきました。

2019年11月20日(水)に更新しました。

今回の記事の内容を以下にまとめております。

是非見て下さい。

7話感想ネタバレまとめ
  • サクラは同期を連れ故郷の美咲島へ。
  • じいちゃんが同期達にサクラを頼むと頭を下げる。
  • 島にかける橋には大きな欠陥が。
  • 欠陥を呼んだ原因は桑原。
  • 説明会でサクラは正直に話す。
  • じいちゃんが亡くなる。
  • サクラは自暴自棄に。

以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク