同期のサクラ

同期のサクラ6話ネタバレ感想あらすじ!視聴率も紹介!

同期のサクラ 最終回 ネタバレ 感想 あらすじ 視聴率 結末

同期のサクラ6話のあらすじネタバレが知りたい!
6話を実際に視聴した感想はどうだった?
話が進むたびに上がってる視聴率も気になる!

 

今回サクラに人生を救ってもらったのは人事部上司のすみれ!

この記事では。

同期のサクラ6話あらすじネタバレや実際に視聴した感想、ドラマ視聴率をご紹介します。

 

ネタバレ関連記事
⇦前話 次話⇨
ライト
ライト
同期のサクラを1話から最新話までお得に視聴したい方はこちらでご紹介中。

同期のサクラ6話あらすじ

同期のサクラ 6話 あらすじ

2019年10月。

この日、意識不明で入院しているサクラ(演:高畑充希)の病室に訪れたのは・・・。

人事部の上司、すみれ(演:相武紗季)。

 

すみれは中学生になった娘のつくしの写真を持ち、意識のないサクラに感謝する。

そうすみれもまた、サクラによって心を救われた一人だった。

 

時はさかのぼり、2014年10月。

サクラは前回、官僚である木島葵(演:新田真剣佑)の父を怒らせてしまう。

このことによってサクラは、花村建設の子会社への出向を命じられる。

 

そのことを地元の祖父、北野柊作(演:津嘉山正種)に話せずいた。

いつものように夢を追っているように見えたサクラだったが、少しずつ気持ちに迷いが出始める。

スポンサーリンク


一方。

サクラの事を気にかけつつ、8歳の娘を育てながら会社での仕事に追われるすみれ。

部長の黒川(演:椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会のマネジメントを丸投げされてしまう。

 

実は椿、理不尽で細かい要望が多い面倒な人物だった。

しかし社長と親しいからとプレッシャーをかけられ最悪な状態。

 

その頃、サクラもまたこのセミナーのプロジェクトチームへ参加することに。

すみれはサクラに余計なことを言わないようにと念を押すが・・・。

椿のマネージャーの理不尽な一言に我慢の限界!!

 

つい余計なことを口走ってしまい、米田を激オコにしてしまう。

 

そんな大変な時、すみれの娘が悪い事をしたと学校から呼び出しが・・・。

こういう時に限って、仕事面・育児面など様々な問題がドミノ倒しのように迫りくる。

そして、女性として仕事にも子育てにも奮闘して来たすみれの心はついに折れてしまい・・・。

いったいすみれはどうなってしまうのか?

 

そして菫の運命を変えた今回のサクラの行動とは・・・。

同期のサクラ6話ネタバレ

同期のサクラ 6話 ネタバレ 感想 あらすじ 視聴率出典:https://www.ntv.co.jp/

同期のサクラ6話ネタバレについて。

こちらの内容詳細につきましては、まだドラマ放送前のためご紹介できません。

ドラマの放送予定は2019年11月13日22時からとなっています。

そのためこちらの詳細につきましては、ドラマ放送直後に更新させていただきます。

2019年11月13日(水)更新しました。

サクラの病室にはすみれの姿が!

2019年10月(秋)。

サクラの病室にはすみれが来ていた。

すみれは娘のつくしの写真を取り出し、今年から中学だと近況報告をした。

 

そして感謝した。

サクラが入社して6年目の時。

もしあの時助けてもらわなかったら、今娘と一緒にいることができなかったかもしれないと。

出向になったサクラの仕事

2014年10月。

いつものように両親の写真に手を合わせ、出勤の準備。

 

でも一つ祖父に隠していることが。

それは花村建設の子会社に出向になってしまったこと。

 

隠しているつもりだったサクラだが、祖父は何か異変を感じたのかこんなFAXを送っていた。

「何かあったか?元気がないみたいだが・・・」と。

 

それでもサクラは、じいちゃんの取り越し苦労だと嘘をつき心配させないようにしていた。

スポンサーリンク


サクラは出勤し、寒い中街頭で不動産の管板持ちの業務をこなす。

そこにスミレが現れます。

 

スミレはサクラの事を心配している様子。

 

そして出勤し、早速部長の黒川にサクラはもう人事部に戻ることはないのかと聞く。

椿美栄子の講演会が決まる!

黒川は「良い質問だね」と言いながら資料をすみれに差し出す。

その資料は、『女性活躍推進セミナー』と書かれた資料だった。

 

黒川曰く。

近いうちに国会で、女性活躍推進法も成立しそう。

そのためにわが社も女性研修の一環として有名な先生を招いて講演会を行うと話す。

 

その講演会を行うのは、椿美栄子(つばきみえこ)という有名評論家。

そしてすみれがリーダーになってると本人の意思なく勝手に決められていた。

 

更に嫌な知らせが。

この先生、細かくてうるさいので有名とのこと。

そこで黒川が取り出したのは、椿のマネージャーからの要望リスト。

 

要望リストには、呼び方から細かく書かれていたのだ。

しかも社長と親交が深いため、くれぐれも粗相のないようにと念押しされ、丸投げされたのだ。

サクラも講演会に参加

講演会のリーダーに抜擢されたスミレは早速会議を開くことに。

そこには百合の姿もあった。

 

その時でした!

サクラが会議開始ギリギリに登場。

 

今回のセミナーに、花村ホームを代表して出るようにとのことで出席。

このことにはスミレも百合も驚いた様子だった。

 

早速席につくサクラ。

会議が始まるが、恒例の「すーっ!」というサクラが疑問を抱いた時の音が聞こえる。

 

「なぜ女性社員だけ集まっているのか?そんな暇があったら仕事をした方がいいのでは?」と疑問をぶつける。

 

そんなサクラの意見に百合は。

子会社に行かされたから不満をぶつけてるのかと問う。

 

サクラはそんなことないと言いつつも、貧乏ゆすりをしていた。

明らかにこれは図星の証だった。

スポンサーリンク


更に百合はこう提案。

男に意識改革を求める前に、女同士がもっと理解し合う事が大事。

 

百合の意見に納得したサクラ。

 

こうして会議が本格的に始まろうとした矢先、椿のマネージャー、米田から電話が入る。

先方が予定より早く着いたとのことで、すぐ打ち合わせの準備に入る。

 

そこでスミレはサクラに。

「くれぐれも余計なこと言わないように!」と念押しする。

自分の意見を押し通す米田

そして米田を招いて会議が開始。

早速スミレたちは自分たちが考えたテーマを提案しようとするが・・・。

米田はこちらで決めるから結構とのこと。

 

更に細かく書かれた要望についてスミレたちが改善できないか提案しても、米田は完全に上から目線。

 

挙句の果てには、最近の人は考えもせず答えを欲しがるとまで言い出した。

 

ずっと我慢していたサクラだったが、限界!

遂に口走ってしまう。

 

公演後の質問は一切受け付けないという件について。

「大切なのは辛い時でも必死に負けまいと生きている女性の声に耳を傾けること」と椿の著書に書いてあったが、それが嘘になってしまうと指摘。

 

こうしてマネージャーの米田を怒らせてしまうのですが・・・。

 

その時最悪のタイミングで社長登場。

米田は自分の意見にケチをつける女性社員がいるとサクラの方を見て言う。

 

この事には社長も、変わってるので気にしないでと言い、

女性社員達に強制的に要求をのませるのだった。

葵のサクラへの想い

エレベーターで一緒になったサクラと百合。

二人は面倒なセミナーになりそうだと話す。

 

更に、サクラの我慢する様子を見ていた百合。

気晴らしに合コンに行こうと誘う。

 

そこに土木部に異動になった葵が乗ってきた。

 

葵は土木一年目だから測量だが、楽しくやってるとのこと。

 

そんなこんなで先にエレベーターから降りた百合。

合コンについては、その気になったら連絡してと言いつつ、その場を後にします。

 

二人きりになったサクラと葵。

話題は合コンの事に。

スポンサーリンク


でも今はそんな気分じゃないから行かないとサクラは言う。

 

その回答に安心した様子の葵。

もしサクラが気になってる男がいたとして、告白してきたら付き合うか聞いてみる。

 

すると「付き合わない!」ときっぱり。

 

動揺しながらも、自分がサクラの事を気になってるような雰囲気で更に聞く葵。

それでも断固として拒否とのことでした(笑)。

 

別れ際。

「サクラの事が好きだ!」と告白しようして、途中であきらめた葵でした。

 

これは本気でサクラの事が気になってる様子。

サクラ解雇!?

会社に戻ったサクラ。

すると本社の人事から電話が入ってるとのこと。

電話の主はスミレだった。

 

実は社長直々に、サクラをセミナープロジェクトから外せとの命令が出された。

 

部長のフォローもむなしく、マネージャーの米田が怒ってるから無理とのこと。

これ以上何かすればクビになると念押しするスミレ。

 

解雇の可能性を実感したサクラは、動揺した様子でした。

菊夫のサクラへの想い

夜。

いつもの喫茶店で夕食を取るサクラ。

そこには営業部の菊夫と設計部の蓮太郎の姿が。

 

一人席につき食事をするサクラ。

すると菊夫の元に蓮太郎が近づいてきて・・・。

 

「好きなんだろ?声かけろよ!」と菊夫を後押し。

しかし菊夫はそんなことないと否定。

 

すると蓮太郎が。

葵もサクラの事が好きだと百合が言っていたと菊夫に話す。

 

動揺した菊夫。

勇気を振り絞ってサクラに話しかける。

 

が、しかし。

菊夫もまた葵と同じく、告白直前で話を反らしてしまうのでした。

細かすぎて面倒なクライアント

次の日。

人事部では、スミレが米田の細かすぎる要求にストレスが!!

1時間に1度は要望の電話がかかってくるというのだ!

 

通常できるマネージャーなら、全てをまとめて送ってくるはずですよね!

この時点でもう講演者としての信用度はだいぶ低い気がするのですが・・・。

 

本当にこんな方々にセミナーしてもらっていいものなのか疑問が出てきます。

スポンサーリンク


とその時でした。

娘の通う学校から電話が。

つくしがダンゴムシで遊んでいたら気持ち悪いと周囲に言われ、殴ってしまったとのこと。

 

スミレは反省の色を見せないつくしに、「周りを怒らせるようなことしちゃだめ」と叱る。

 

するとつくしも反論。

こうなったのは親の育て方が悪い。

離婚したのは母親のせいだと。

 

私は自分の言いたいように言って、やりたいようにやるだけ。

その瞬間、サクラと同じだと感じるスミレだった。

 

その時、米田から電話が。

会場を視察したいとのことで急遽、予定を組むことに。

 

会場を視察した椿、気に食わないから会場を変えろと言い出す。

 

どうしても難しいと言うスミレに、椿が口を開く。

この会場でいいから照明をもっと明るくしてほしいと。

細かい要望にぺこぺこする母を見た娘はがっかりした様子。

 

そこに「すーっ!」という音が!

まさかのサクラが来ていたのだ!

 

そしてサクラが発言。

「なぜ照明を気にするのか」と。

「先生の著書では内面の美しささえあれば、どんな照明よりも光り輝く」と。

 

その回答に椿も、ハッキリものを言う子でいいと言うが・・・。

その表情には曇りが見えた。

 

そして計画を煮詰めたいからこれから打ち合わせをしようと言い出す。

スミレは子供がいるから難しいと話すが・・・。

 

そんなのお構いなしの椿と米田。

するとサクラが打ち合わせの間、娘は自分が面倒みると言って自宅に連れて行きます。

サクラとつくしの会話

サクラの自宅に着いたつくし。

着くなり「せまっ!古っ!」と文句の嵐。

食事も総菜で文句をつける。

 

そしてサクラの両親の写真を見たつくしは亡くなったことを知る。

しかもサクラが今のつくしと同じ年の頃に。

 

つくしは「大変?」とサクラに聞くが・・・。

 

よくわからないとのこと。

いまだに大人になれと言われるので・・・。

 

こうしてつくしの質問に対してのサクラの答えはことごとく「わからない」で終わるのでした。

 

食後、二人は遊ぶことになるのですが、一体何をして遊ぶのか?

つくしのゲーム相手探し

一方、いつもの喫茶店では。

菊夫、蓮太郎、そして葵の3人がいた。

 

しかし菊夫と葵はずっとスマホを見ながら何かを考えている様子。

居ても立っても居られない蓮太郎は、「サクラに電話しようとしてるのか?」と聞く。

 

2人は動揺しながらもそんなことないと否定。

と、その時だった!

蓮太郎のスマホにサクラから電話が!

スポンサーリンク


どうやらサクラとつくしはスマホゲームで遊んでいたのだが、あまりにサクラが弱いので他に強そうな人はいないかとのこと。

 

そこで抜擢されたのが蓮太郎でした。

急遽、蓮太郎と一緒に付いて行く菊夫と葵。

 

するとサクラに何で二人まで来てくれたのか聞かれ動揺する。

 

みんなが帰ろうとした時。

スミレが到着。

スミレとつくしの親子喧嘩

つくしはまだ遊びたいと駄々をこねる。

 

それでもスミレは迷惑がかかるからと連れ帰ろうとするが・・・。

 

その時でした。

つくしが本音を思いっきり吐き出す。

「お母さんは会社でペコペコして、謝ることが仕事なのか?カッコ悪い」と。

 

限界にきたスミレ。

つくしをひっぱたいてしまうのでした。

 

つくしは「お母さんなんて大っ嫌い!」。

そう言って部屋を出ていってしまいます。

 

一体二人の関係はどうなるの?

スミレのヤケ酒と本音

ある夜、会社で残業をしていたサクラ。

帰ろうとした時、蓮太郎から電話が!

 

仕事が終わったらいつもの喫茶『リクエスト』に来て欲しいとのこと。

 

どうやらスミレがヤバいらしい。

 

急いでリクエストへ向かうサクラ。

するとスミレがヤケ酒をしていた。

 

つくしは大丈夫なのかとサクラは聞くが。

つくしはパパの方がいいと言って出ていったと話す。

 

もうつくしとどう接していいかわからない。

最近は家でも会社でも必死で自分を取り繕ってるだけな感じがする。

と母親としても人としても自信を無くしてしまった様子のスミレ。

スポンサーリンク


そしてサクラに本音をこぼす。

自分なんかどう頑張っても報われないと。

だから結婚ににげ、つくしができたら、愛する家族のために生きようと決めた。

離婚してもつくしだけは守ろうと頑張ってきた。

 

それなのにもう何もなくなってしまったと涙を流すスミレでした。

祖父の後押し

そんな話をしている時、また米田から電話が!

もううんざりした様子のスミレ。

 

話すテーマを急に変えたいと言い出したのだ!

これから急遽打ち合わせに向かうスミレ。

 

そんなスミレの悩みを結婚していないサクラには理解が難しく、祖父にいつものFAXで相談。

するとすぐにFAXが返ってきた。

 

その言葉は。

生きていれば辛いことだらけだ。

でも。

人生で一番辛いのは自分にウソをつくことだ。

 

そう書いてあった。

サクラはつくしを連れてセミナー会場に現れる

女性活躍推進セミナー当日。

段ボールいっぱいの本をもってくる米田。

 

講演後に販売するとのこと。

そんなの予定にないと反論しようとする百合でしたが、スミレは我慢して要望を聞く。

その様子を陰から見ていたのがサクラだった。

 

スミレは講演会に参加するのは良いけど、絶対に余計なことを言わないでとサクラに話す。

するとサクラがある条件を出した。

 

それはつくしも一緒に公演を聞くこと。

一緒に連れて来ていたのだ。

 

そしてつくしは百合に案内され会場内へ。

スミレはサクラにどんなことを言ったのか聞く。

 

するとサクラは。

「母が謝ってばかりいるように見えるのは、会社のために自分を抑えているから」と話したとのこと。

お母さんは常日頃から会社の全員の事を考え仕事をする、凄いことをしていると。

そしてお母さんと一緒にいたいなら、絶対にウソをついちゃだめだと。

 

更にサクラは、別にいい母親じゃなくてもいい。

一緒にいて、優しく手をつないでくれるだけでいいと話します。

酷いセミナー

セミナーが始まり、たったの数分で終了。

予定していた時間を大幅に削減され疑問を感じた一同。

社長と米田以外の参加者は一切拍手をしなかった。

 

そして最後に本の宣伝をして終了。

「結局本の宣伝目的じゃん」と百合が言う。

 

そんなひどいセミナーを我慢するサクラだったが・・・。

とうとう我慢ができず「すぅーっ!」。

 

その瞬間でした。

まさかのスミレが立ち上がり椿に発言。

 

本の宣伝目的だったのかと!

 

そしてみんなの想いを代弁し出します。

皆の想いをスミレが代弁

スミレは椿や社長にこのように発言しました。

 

先生は本の宣伝のためにここに来たのか?

話の内容は本の文章をなぞったようなものばかり。

その割には、公演時間も予定より大幅に短い。

 

ここに集まった社員の中には、椿の言葉を純粋に信じている人もいる。

これじゃあ、会社が女性の活躍を応援していると内外のアピールに付き合わされているだけ。

スポンサーリンク


社長がその先生を呼んだのも、彼女が女性活躍を推進する優良企業の認定委員会のメンバーだから。

ヨイショすれば優良企業のお墨付きをもらえると思ったからじゃないかと話す。

 

もしそうなら懸命に頑張ってる女性社員に失礼じゃないかと!

 

こんなことを言われて社長も黙ってはいません。

しかしスミレはどうなろうとも自分に嘘はつかないとここに断言。

 

スミレが一皮むけ、一つ成長した瞬間でした。

サクラとスミレの絆が深まる

会場を一人出ていくスミレ。

つくしは、「お母さんカッコよかった!大好き!この間は酷いこと言ってごめん」。

そう話す。

 

スミレはつくしに、自分に正直に生きなさいと言うのでした。

 

後日。

会社にギリギリ到着するサクラの元に、スミレが現れます。

 

いつもならサクラの写真には見向きもしないのに今日は見せてと言います。

 

そして、サクラは10年後自分みたいになってはダメと教えます。

あなたは10年後もその先も、ずっとそのままでいなさいと!

これからも辛いことが沢山ある。

でもサクラの事を応援する。

 

「どんなことでも相談しなさい!助けになるから」と。

こうしてサクラとスミレの絆が深まったのでした。

 

最後に恒例の写真撮影。

いつもなら『ハイ同期!』ですが、今回は、『ハイ先輩』でした。

サクラは秘密を祖父に伝えるが、祖父にも秘密が・・・

2019年に戻り。

スミレは、意識不明のサクラにこういいます。

 

あの時の約束忘れてないと。

これからどんなことがあっても私とつくしはサクラの見方だと。

だからいい加減目を覚ましなさいと。

 

 

さくらは遂に祖父に出向になっていることを正直に手紙に記します。

 

もしかしたらクビになるかもしれないとも。

 

それでも、もう元気になった。

お母さんみたいな人が見方になってくれた。

 

そんな言葉を記すのでした。

 

その頃実は祖父もサクラに隠していたことが。

心臓の具合が悪く、寝込んでいること。

 

このことをサクラに知られる日は来るのか?

サクラの故郷の橋の着工が決まった!

ある日、サクラに黒川部長から一本の電話が。

すぐ人事部に来て欲しいと。

 

またいいニュースと悪いニュースがあると言い渡される。

 

今回は悪いニュースから。

スミレが社史編纂室(しゃしへんさしつ)へ移動になったこと。

 

そしていいニュース。

遂にサクラの故郷の橋の着工が決まったとのこと。

 

このことを祖父にいち早く知らせるため、すぐさまFAXを送ろうとするサクラ。

 

すると祖父からのFAX受信。

その内容は・・・。

 

橋は架からない。

おまえの夢は叶わない。

とのこと。

 

これは夢でしたが、まさかの正夢になるのか?

 

これからどうなってしまうのか?

 

ネタバレ関連記事
⇦前話 次話⇨
ライト
ライト
同期のサクラを1話から最新話までお得に視聴したい方はこちらでご紹介中。

同期のサクラ6話の感想

同期のサクラ 6話 視聴 感想

同期のサクラ6話を実際に視聴した感想について。

2019年11月13日(水)更新しました。

遂に放送された同期のサクラ6話。

ドラマを早速観たので感想をご紹介していきます。

 

まず気になったのが、サクラの酸素マスクが取れてる事。

5話までは付いていたのに。

確実に良くなってきているってことですね。

 

最終回までには意識取り戻してくれることを願います。

 

次にあの後援会の椿とマネージャーの米田。

自分のしたいように要望を細かく突き付けておいて、指定の公演時間も守らず、勝手に予定になかった本を出版するなんて。

明らかに詐欺師の兆候が見られますよね(笑)。

 

こんな極端な講演者は実際に見たことがないのですが・・・。

実際にいたとしたらあからさまだなと感じました。

 

そしてもう一つ気になるのが葵と菊夫のサクラへの恋愛感情。

でも今の感じだとどちらともくっつく気配ゼロですね~!

そんな中でも、必死に声をかけようとする純粋な二人の表情はファンにはたまらなかったんじゃないかな?

 

ホント良い仲間だなと感じます。

スポンサーリンク


最後に今回のメイン、スミレとの深まった絆について。

最初はサクラに興味ない感じだったのがどんどん引き込まれて、どんどんカッコいい女性になってるのが伝わりました。

特に最後にビシッと全体の意見を言ったところ。

 

見てるこっちも気持ちよかった。

周囲の気遣いも大事だけど、悪いものは悪いって言えるのってホント大事だなと改めて実感。

 

そんな中、サクラのじいちゃんがー(涙)。

祖父の最期が近づいている気がしてならないのは自分だけでしょうか?

 

できればじいちゃんんが生きてる間に、橋完成してほしいと密かに思うのでした。

 

次回は衝撃の展開が待っているようです。

それはサクラの地元の橋に関係すること。

一体どうなるのか、もう気になりすぎる。

6話後のネットの反応や感想

同期のサクラ 6話 Twitter ネットの反応

同期のサクラ6話後のネットの反応や感想(Twitter)について。

2019年11月13日(水)更新しました。

早くも放送された6話。

今回もサクラはビシッとやってくれましたね!

めちゃくちゃ面白かった!

 

でも他の視聴者のみんなの感想はどうだったんだろう?

そこで6話を終えてのネットの反応(Twitter)について、一部ピックアップしてご紹介いたします。

同期のサクラ6話の視聴率

同期のサクラ 6話 ドラマ 視聴率

同期のサクラ6話の視聴率につきまして。

現在ドラマ視聴率の集計情報データがまだないため詳細をお伝えすることができません。

そのため、こちらの詳細につきましては、視聴率の情報が分かり次第追記とさせていただきます。

2019年11月14日(木)に更新しました。

同期のサクラ6話の平均視聴率は、なんと!

11.7%でした!

前回よりも0.1%減にはなりましたが、ほぼ同等。

 

これからもっと視聴率が上がりそうな予感がしています。

視聴率の変動がどうなるのか、とても楽しみですね!

 

ネタバレ関連記事
⇦前話 次話⇨
ライト
ライト
同期のサクラを1話から最新話までお得に視聴したい方はこちらでご紹介中。

同期のサクラ6話ネタバレ感想あらすじまとめ

同期のサクラ6話ネタバレや感想、そしてあらすじについてご紹介させていただきました。

2019年11月13日(水)更新しました。

今回の記事の内容を以下にまとめさせていただいております。

是非ご覧ください。

6話ネタバレ感想あらすじまとめ
  • サクラの酸素マスクが取れていた。
  • 今回は上司のスミレがメイン。
  • 最終的にサクラに影響を受け、後援会詐欺師に本心ぶつける。
  • スミレとサクラの絆が深まる。

6話もメチャクチャ面白かった!

今回は上司の悩みに、同期との恋バナにと盛りだくさんでしたね。

次回も楽しみやー♪

 

という事で以上となります。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク