ライトのよかよかビデオウェブ

ライトのよかよかビデオウェブ

日本サッカーの歴史!2022年ワールドカップは勝ち進めるのか?

日本サッカーの歴史!2022年ワールドカップは勝ち進めるのか?

世界で最も人気あるスポーツの一つ、サッカー。世界では2億6,000万人もの人がサッカーをプレイしていると推定されています。笹川スポーツ財団が2018年に行った調査によると、日本のサッカー人口は436万人とされています。今年はワールドカップが開催されることから、これからますます盛り上がっていくことは間違い無いでしょう。

また、ワールドカップが盛り上がると同時に、熱気を高まるのがブックメーカー。ブックメーカー サッカーでワールドカップをさらに楽しめます。

日本サッカーの歴史

今では、国内最大級のプレイ人口を持つサッカー。日本では、1873年に伝わってきたのが出発点であると言われています。その後1921年に大日本蹴球協会が設立され、1929年に国際サッカー連盟(FIFA)に加盟。第二次世界大戦により一時的に脱退した日本は、1950年に日本蹴球協会として再加入することになりました。

1965年には日本サッカーリーグ(JSL)が開幕。その後1974年に日本蹴球協会は財団法人化して、名称を日本サッカー協会に変更しました。1991年には、社団法人日本プロサッカーリーグが設立され、2年後の1993年にJリーグ(日本プロサッカーリーグ)が開幕しました。

日本サッカー代表のワールドカップの歴史

日本代表は7大会連続、7度目のW杯出場を決めました。サッカー日本代表は、1998年のフランス大会でワールドカップ初出場を果たしました。過去2002年、2010年、2018年にはベスト16に進んでいます。前回大会2018年のベスト8をかけたベルギーとの試合では、日本中が落胆したのではないでしょうか。

サッカー日本代表W杯予想

今大会は、FIFAランキング11位のドイツ、6位のスペイン、34位のコスタリカと同居し、「死の組」と呼ばれるEグループに属しています。日本は11月23日にドイツとの初戦を控えています。これまで日本が決勝トーナメントへ進出した大会では、初戦で勝ち点を得ている、というジンクスがあるようです。日本の初戦は、強豪のドイツとの試合になります。

日本代表はこれまで、グループリーグ敗退と、決勝リーグ進出を交互に繰り返しています。前回は決勝に進んでいることから、順番的にはグループリーグ敗退という結果になってしまいます。しかし、日本代表はこれまでにワールドカップで様々な奇跡、混乱を巻き起こしてきました。今大会でも世界中を驚愕させるような結果に期待したいです。

まとめ

日本ではプロサッカーリーグが始まってまだ30年も経っていません。それでも今では、日本代表に招集されている多くの選手は欧州の世界トップリーグでプレイするようになりました。今大会も厳しい試合になるとは予想されていますが、台風の目となり世界を驚かすことを楽しみにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *