ライトのよかよかビデオウェブ

ライトのよかよかビデオウェブ

プリンコ(Plinko)ゲームは負けづらいゲーム!遊びかたと攻略

プリンコ(Plinko)ゲームは負けづらいゲーム!遊びかたと攻略

オンラインカジノに興味はあるけど、少し抵抗のある人はこの記事を読んでください。プリンコ(Plinko)は、RTP(還元率)が99%なことで知られている、ビデオカジノゲームです。お金が返ってきやすいため、日本のオンカジにて注目を集めています。

そんな話題のプリンコ (Plinko)のやり方について、以下では少し掘りさげてみました。プリンコに詳しくなって、ぜひオンラインカジノで遊んでみてください。

プリンコ(Plinko)とは?

プリンコは玉を上から落とすと配当するシンプルなビデオゲームです。三角形の形に釘が規則的に並んでいます。ボタンをクリックすると玉が上から降ってきて、下の数字が書いてある箱に入る仕組みです。そして入ったところに書いてある数字がそのまま配当になります。

もし1ドルでベットし、「18」の箱に入った場合、18ドルを獲得できるというわけです。

元々はアメリカのテレビ番組で人気となったゲームになります。ゲームそのものも日本のパチンコが元になったと言われているため、日本人にとって遊びやすいゲームでしょう。

なぜプリンコ(Plinko)は負けづらい?

プリンコは、初心者でも簡単に理解して遊べるうえ、配当も獲得しやすい設定です。そのためプリンコで大損失にあうことは少ないといえます。以下では特に大きな特徴をふたつ紹介します。

  • お金が一部返ってきやすい

プリンコは配当される確率がとても高いです。低ボラリティで設定すると、最低配当が0.5、高ボラリティでようやく0は出てきますが、約6.67%の確率で当たります。そのため、実際に失う金額は少額です。

例えば、1ドルを賭けると、最低でも0.5ドルは返ってきます。10個のボールを適当に投げても、最低5ドルは返ってくるということです。

  • ボラリティを細かく設定できる

ボラリティを微調整できるため、ベットの仕方に緩急をつけやすいです。

プリンコでは、低・中・高の3つのボラリティを選べるだけでなく、釘の列も12・14・16のいずれかを設定することが可能です。さらに賭け金も、Spribe社のプリンコは1ベット、0.1ドル~100ドルで遊べます。

そのため不必要な損失を防ぎ、利益を膨大に得るチャンスがあります。玉も好きなタイミングで一度に何個も投入できるため、自由度が高いです。

プリンコ(Plinko)を遊んでみよう

プリンコは初心者でも簡単に理解して遊べるビデオゲームです。配当も獲得しやすいため、オンラインカジノで損失を出すことが不安な人に向いています。また従来のカジノとは違ったゲームという点でも新しいです。ぜひオンラインカジノでプリンコを遊んでみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *